VC-PM9とVC-PL9の違いは?東芝掃除機紙パック式クリーナー

当ページのリンクには広告が含まれています。
東芝掃除機紙パック式クリーナーVC-PM9とVC-PL9の違い

VC-PM9は東芝の紙パック式掃除機の最新モデルです。

新型モデルの発売で、VC-PL9は型落ちとなりました。

新モデルは旧モデルと比べて何が変わったのでしょうか?

そこで今回はVC-PM9とVC-PL9の違いを比較して、どちらがオススメなのかを解説します。

比較ポイント

VC-PM9とVC-PL9の違いは3つ

  • からみレスカーボンヘッド
  • スイング連動
  • 本体カラー
 VC-PM9(新モデル)がオススメな人
  • お掃除中のストレスを減らしたい
  • 落ち着いた色が好き
 VC-PL9(旧モデル)がオススメな人
  • コスパ重視
  • エネルギッシュな色が好き

ストレスなくお掃除したいなら新モデル

コスパ重視なら旧モデル

目次

(スポンサーリンク)

VC-PM9とVC-PL9の違いを比較 東芝掃除機紙パック式クリーナー

2つのモデルを表で比較します。

モデルVC-PM9VC-PL9
タイプ紙パック式クリーナー紙パック式クリーナー
発売日2024年3月2023年3月
本体色ストームグレーグランレッド
集じん機能紙パック(シール弁付紙パック)紙パック(シール弁付トリプル紙パック(VPF-5)
集じん容積1.2L1.2L
吸込仕事率(注)350W~約20W350W~約20W
消費電力870W~約120W870W~約120W
本体質量(標準質量)※12.3kg(3.7kg)2.3kg(3.7kg)
ヘッドのタイプからみレスカーボンヘッド
床ピタ設計       
床の菌を除去水洗い可
(ブラシ、お手入れカバー)
カーボンヘッド
床ピタ設計       
床の菌を除去水洗い可
(ブラシ、お手入れカバー)
省エネ機能エコモードエコモード
使いやすさらくわざフリーグリップ
スイング連動
2WAYブラシ
らくわざフリーグリップ
2WAYブラシ
本体寸法(幅×奥行×高さ)210×323×194mm210×323×194mm
運転音※365dB~約61dB65dB~約61dB
コードの長さ5.0m5.0m
クリーン排気&フィルター一般フィルター一般フィルター
付属品シール弁付紙パック1枚シール弁付トリプル紙パック(VPF-5)1枚
参考元:東芝公式サイト

VC-PM9とVC-PL9の違いは3つです。

  • からみレスカーボンヘッド
  • スイング連動
  • 本体カラー

それぞれ解説していきます。

からみレスカーボンヘッド

からみレスカーボンヘッド
出典: 東芝公式サイト

VC-PM9(新モデル)は特殊編み込み加工した「からみレスブラシ」を採用。

からみの原因となる根本に髪の毛などが入り込まず、からみにくい構造になっています。

スイング連動

手元の動きに応じてヘッドの向きが連動するので、方向転換が簡単で小回りが効き掃除がしやすいです。

本体カラー

本体カラーの違い
出典:東芝公式サイト

VC-PM9(新モデル)とVC-PL9(旧モデル)では本体カラーが異なります。

  • VC-PM9(新モデル)・・・ストームグレー
  • VC-PL9 (旧モデル)・・・グランレッド

旧モデルでは印象的な赤でしたが、新モデルでは落ち着いた色合いに変更しています。

VC-PM9とVC-PL9の共通点 東芝掃除機紙パック式クリーナー

特徴的な機能の共通点を解説していきます。

 VC-PM9とVC-PL9の共通点
  • 床ピタ設計
  • らくわざフリーグリップ
  • エコモード

床ピタ設計

床ピタ設計
出典:東芝公式サイト

ヘッドとハンドルが一直線になる「床ピタ設計」を採用しています。

ソファやベッドの下など、狭くて奥の場所の掃除は難しいので助かる仕組みですね。

らくわざフリーグリップ

らくわざフリーグリップ
出典:東芝公式サイト

掃除機の持ち手の部分はラウンド形状になっており、掃除する場所ごとに握る場所を変えても持ちやすい設計になっています。

エコモード

エコモード
出典:東芝公式サイト

電気を無駄使いしないエコモード機能。

お掃除中にヘッドを浮かせると自動でパワーダウン調整してくれます。

また、髪の毛パック内のゴミのたまり具合に応じてパワー調整します。

VC-PM9とVC-PL9どちらがオススメ 東芝掃除機紙パック式クリーナー

VC-PM9(新モデル)がオススメな人

  • お掃除中のストレスを減らしたい
  • 落ち着いた色が好き

VC-PM9(新モデル)では新しく「からみレスカーボンヘッド」と「スイング連動」の機能が搭載されました。

「からみレスカーボンヘッド」はお掃除の大敵ともいえる髪の毛やペットの毛がからみにくくなる仕組みになっています。

「スイング連動」は、手元の動きに合わせて方向転換しやすくなり、思い通りの操作の助けになるでしょう。

これらの機能の追加は従来モデルよりもラクに、ストレスなくお掃除ができる1台と進化しました。

新モデルの価格をチェックする↓

VC-PL9(旧型モデル)がオススメな人

  • コスパ重視
  • エネルギッシュな色が好き

旧モデルを選ぶ大きなメリットは、型落ちとなることで価格が下がることです。

髪の毛やペットの毛のからまりをあまり気にしないのであれは、旧モデルでも問題ないでしょう。

ただし、VC-PL9(旧型モデル)は東芝の公式サイトから生産終了のアナウンスがされており、購入できるのは在庫限りとなっています。

旧モデルを検討するなら、早めにチェックしてしてみてください。

旧モデルの価格をチェックする

VC-PM9とVC-PL9の違いを比較 東芝掃除機紙パック式クリーナーのまとめ

本記事では、東芝掃除機紙パック式クリーナーVC-PM9とVC-PL9の違いについて解説してきました。

比較ポイント

VC-PM9とVC-PL9の違いは3つ

  • からみレスカーボンヘッド
  • スイング連動
  • 本体カラー
 VC-PM9(新モデル)がオススメな人
  • お掃除中のストレスを減らしたい
  • 落ち着いた色が好き
 VC-PL9(旧モデル)がオススメな人
  • コスパ重視
  • エネルギッシュな色が好き

新モデルの価格をチェックする↓

旧モデルの価格をチェックする

(スポンサーリンク)

東芝掃除機紙パック式クリーナーVC-PM9とVC-PL9の違い

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次