プレファンの仕組みは?メリット・デメリットを解説

当ページのリンクには広告が含まれています。
プレファンの評判は?

プレファンってどんな仕組みなの?
メリット・デメリットを教えてください。

そんな悩みにお答えします。

本記事では、プレファンのサービスの仕組みからメリット・デメリット、始め方までをを解説していきます。

プレファンに興味を持った人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

目次

(スポンサーリンク)

プレファンとは?

プレファンとは?
出典;プレファン公式サイト

会社概要

プレファンは株式会社プレサンスリアルタが運営する不動産投資型クラウドファンディングです。

プレサンスリアルタは東証スタンダードに上場しているプレサンスコーポレーションのグループ会社になります。

プレサンスコーポレーションは「全国2022年分譲マンション供給ランキング」で2位に入る実績があります。

会社名株式会社プレサンスリアルタ
住所大阪市中央区城見1丁目2番27号クリスタルタワー27階
代表者代表取締役 原田 昌紀
不動産特定共同事業
許可番号
大阪府知事第20号
公式サイトhttps://www.pressance.co.jp/crowdfunding/otherPage/howto/nobody/

プレファンは2021年10月にサービスを開始し現在92件、元本割れは0です。

運営会社の安心感や資金拘束が短い(6ヶ月)ことから初心者にもおすすめしやすいでしょう。

プレファンの仕組み

ファンドの仕組み
出典;プレファン公式サイト

プレファンは「複数の投資家から出資金を募り、特定の不動産を取得し、家賃収入や売却益を出資金割合に応じて分配する不動産クラウドファンディング サービス」です。

不動産の管理や運営などは事業者に任せるので、投資家は負担(手間)なく投資が可能です。

安全性の仕組み
出典;プレファン公式サイト

また優先劣後方式を採用しているため運用開始時より不動産の評価額が30%以上下落しない限り、投資家(優先出資者)が負担することはありません。

プレファンのデメリットは?

プレファンのデメリットは?

プレファンのデメリットは、以下のものがあります。

  • 募集案件が少ない
  • 損失が出るリスクがある
  • 人気があり当選しにくい

それぞれ解説していきます。

募集案件が少ない

プレファンは2021年の12月よりファンドを開始しています。

サービス開始から期間も浅く、新規案件のペースも毎月1~2個程です。

そのため、募集に参加できる案件は少なくなっています。

積極的に不動産クラウドファンディングを活用したい場合は、プレファン以外のサービスと併用するとよいでしょう。

損失が出るリスクがある

投資全般に言えることですが、損失のリスクは付き物です。

元本割れを防ぐシステムは導入していますが、元本保証ではありません。

損失の規模によっては、出資金が戻ってこない場合もあるため、注意が必要です。

人気があり当選しにくい

プレファンは抽選方式で申し込みがおこなわれています。

募集案件は人気があり、当選倍率が非常に高いです。

最近の案件では募集達成率が1,000%を超えることもあり、なかなか当選が難しいでしょう。

当選確率を少しでも上げるためには、できるだけ多くの案件に申し込みすることが大切です。

基本的に募集期間は1週間程度ありますので、定期的にホームページをチェックし、申し込みをおこないましょう。

プレファンのメリットは?

プレファンのメリットは?

プレファンのメリットを解説していきます。

  • 1万円から投資できる
  • 運営会社が上場企業のグループ会社
  • 自社開発のマンションに特化している
  • 運用期間が6ヶ月

1万円から投資できる

プレファンは1万円から投資ができます。

これは、不動産クラウドファンディングの中でも最低投資金額が低い部類に入ります。

資金拘束のリスクが少ないのは、個人投資家にとってメリットになるでしょう。

運営会社が上場企業のグループ会社

プレファンの運営会社、株式会社プレサンスリアルタは東証スタンダード市場上場のプレサンスコーポレーションの100%子会社です。

プレサンスコーポレーションは全国分譲マンション供給ランキングで第一位になった経験もあり、実績は国内でもトップクラス。

不動産クラウドファンディングのリスクの1つに「事業者の倒産」があります。

運営会社が上場企業またはグループ企業であれば、非上場企業よりも倒産リスクが低いといえるでしょう。

大手企業で財務状況に余裕がある上場企業系の事業者は安心感がありますよね。

自社開発のマンションに特化している

プレファンの特徴として、自社開発のマンションに特化していることです。

プレファンでは、運営会社のプレサンスコーポレーションが開発したマンションにのみ投資できます。

自社開発のマンションは、運営会社のブランド力やノウハウを反映したものである強みがあります。

そのため、プレファンで投資できるマンションは、建築基準や耐震性などの品質が高く、立地や設備などの魅力が高いでしょう。

入居者も多く入居率が高ければ、賃料収入が安定し、投資家の配当も安定します。

運用期間が6ヶ月

ファンドの予定運用期間は過去36件中35件が6ヶ月です。(1件は5ヶ月)

不動産クラウドファンディングでは、12ヶ月運用の会社が多く、プレファンは短期運用型といえるでしょう。

短期運用は資金拘束が短く、また不動産価値の下落も起きる可能性が低いので安心です。

プレファンの始め方は?

プレファンの会員登録の流れを解説します。

必要な手順は以下のとおりです。

ステップ
  • 会員登録の申請
  • 個人情報の入力
  • 本人確認書類の提出
  • 審査完了
STEP
会員登録の申請

公式サイトより、会員登録の申し込みをおこないます。

STEP
個人情報の入力

入力したメールアドレスに確認メールが届くので、メール内のURLから投資家登録ページに必要事項を入力します。

STEP
本人確認書類の提出

「オンラインでの本人確認」「郵送での本人確認」から選択します。

  • 運転免許証
  • マイナンバーカード(写真付き住民基本台帳カードを含む)

郵送での本人確認には、「氏名」「生年月日」「現住所」が確認できる書類の写しを下記のいずれかから2点必要となります。

郵送での本人確認に必要な書類
  • 運転免許証(表裏)
  • 各種健康保険証(表裏 ※マスキング必要箇所あり)
  • パスポート(顔写真掲載ページ、住所確認ページ)
  • マイナンバーカード(表裏 ※通知カード不可)
  • 住民票(※発行後3か月以内)
  • 各種年金手帳
  • 身体障害者手帳
STEP
審査完了

審査が完了すると「会員審査完了のお知らせ」メールが届きます。

これよりファンドへの出資申込が可能です。

まとめ

本記事では、プレファンの仕組みやメリット・デメリットについて解説してきました。

プレファンの特徴
  • 東証1部のプレサンスコーポレーションのグループ企業が運営
  • 1万円から投資ができる
  • 自社開発のマンションに特化
  • 利回りは5%前後
  • 優先劣後方式を採用

上場企業のグループ企業のサービスに1万円から投資ができるのがプレファンの魅力です。

自社開発のマンションに特化しており、建設基準や情報公開もしっかりしています。

優先劣後方式を採用しているため、30%という比率も投資家には助かる設置といえるでしょう。

1回の投資で大きなリターンを得る投資方法ではないですが、コツコツと資産を増やしていける可能性は高いでしょう。

プレファンが気になっているなら、まずは少額からチャレンジしてみてくださいね。

他にも上場企業が運営する不動産クラウドファンディングがあります。

安心できる不動産投資をしたい人はぜひ参考にしてみてくださいね。

(スポンサーリンク)

プレファンの評判は?

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次