【体験談】flier(フライヤー) は意味ないのか?疑問を解説します

当ページのリンクには広告が含まれています。
flier(フライヤー)は意味ない?

本の要約サービスってあるけど、要約だけ知っても意味あるのかな?
本は1冊読まないと効果ないんじゃないの?

確かに要約だけじゃ本の代わりにはならないよね。
でも、利用の仕方次第ですごい便利なサービスになるんだよ!

時間がないビジネスマンを中心に今、本の要約サービスが人気です。

でも要約だけ知っても意味があるのか?効果があるのか気になりますよね。

本記事では、本の要約サービスflier(フライヤー)をゴールドプランで継続利用している筆者が、利用して感じた効果やオススメの使い方を解説します。

目次

(スポンサーリンク)

flier(フライヤー)は意味ない?なぜ疑問に思うのか?

flier(フライヤー)は意味ない?なぜ疑問に思うのか?

「そもそも本の要約だけ知っても意味あるの?」

flier(フライヤー)のサービスに疑問を持つ人もいるでしょう。

要約サービス未体験の人は疑問に思うことも出てきますよね。

  • 要約だけ知っても身につくの?
  • 簡単に知れるから、すぐに忘れるんじゃない?
  • YouTubeとの違いは?

それぞれ解説していきます。

要約だけ知っても身につくの?

僕もflier(フライヤー)を利用するまでは、本の要約サービスというものに疑問を感じていました。

しかしflier(フライヤー)を実際に利用してみると、正しい本の要約サービスの魅力は違うポイントにあることがわかりました。

flier(フライヤー)に対する認識

利用前
  • 要約でお手軽に本の知識を身につける
利用後
  • 購入する本の判断材料にする
  • 本を読む前の予習
  • あまり読まないジャンルに手を伸ばす

本の内容をまとめてくれので、要約だけ知ることができればいいのではと思いますよね。

flier(フライヤー)の要約はボリュームもあって高品質なので内容も満足できます。

しかし個人的にflier(フライヤー)は、実際に本を手に取るかの判断をスムーズにするためのチェックツールとして利用する方が魅力を発揮できると感じています。

flier(フライヤー)を効果を感じた体験談は記事の後半で書いているので、読んでみてください。

こちらのリンクからも記事内移動できます。(体験談:flier(フライヤー)の効果

簡単に知れるから、すぐに忘れる?

本を1度読んだだけでは記憶の定着が弱いのと同じで、要約も1で全てを理解するのは難しいでしょう。

気になった本は「お気に入り」に登録して繰り返し読むことができます。

flier(フライヤー)の要約で気になった本は、実際に今のあなたが必要としている情報であったり興味を持って読める本であると可能性が高いです。

要約で気になった本はどんどん購入していきましょう。

要約で予習しているから、本を読むときの理解力も上がるよ!

YouTubeとの違いは?

YouTubeでも本の紹介をしてるチャンネルはたくさんあるよね?

本を要約して紹介するには、著者の許可が必要になるんだよ。
だから基本的にどんな本か簡単な紹介しかできないんだ。

YouTubeでも本を紹介しているチャンネルがありますよね。

動画で紹介してくれると、とても頭に入ってきやすいです。

しかし本を要約するには、著者の許可が必要になります。

許可がない場合は紹介できる内容が限られるため、ざっくりとしたあらすじや発信者の主観がほとんどです。

YouTubeは読む本を選ぶきっかけにするのはいいですが、紹介された動画で本の内容をしっかり理解するのは難しいでしょう。

flier(フライヤー)は安心できるサービス?

flier(フライヤー)は安心できるサービス?

flier(フライヤー)が安心して利用しても大丈夫なのか気になりますよね。

flier(フライヤー)の気になること
  • 誰が要約しているの?
  • 著作権は大丈夫?
  • 本の売り上げに影響は?
  • 音声機能の実力は?

それぞれ解説していきます。

flierは誰が要約してるの?

flier(フライヤー)の要約は、出版社・著者のチェックを経た高品質な要約が提供されています。

各分野に精通したライターが要約を作成し、出版社/著者の許可を得たものだけを配信しています。

flier(フライヤー)公式サイトより

flier(フライヤー)では書籍ごとに要約したライターの名前や経歴を紹介しています。

ライターが書いた要約の内容は、出版社や著者のチェック・修正が入ることで記事の品質保証にもつながります。

著作権は大丈夫?

flier(フライヤー)ってちゃんと許可はとってあるのかな?
安心できるサービスなの?

大丈夫だよ!flier(フライヤー)は著者。出版社の了承を得たものしか取り扱ってないよ。

全ての要約は、出版社/著者の許可を得たものだけを配信しています。

flier(フライヤー)公式サイトより

しっかり許可を得たものを配信しているのは安心ですね。

突然サービスが終了するといったリスクもないでしょう。

本の売り上げに影響は?

要約サービスを利用する人が増えると、本の売り上げが減るのでは?読書好きには敬遠されるんじゃないの?

このように思う方もいるかも知れません。

実は逆で、新しい本・今まで手にしなかったジャンルに興味を持つきっかけになるマッチングサービスとも言えるんだよ。

flier(フライヤー)は要約を通じて手軽に本の魅力に触れてもらうことで、本への興味関心を高めたいと思っています。

flier(フライヤー)が実現したい三方良しのサービス

読者

最新の情報を吸収することができ、幅広い本に興味関心を持つことができる

著者/出版社

本の認知度・購買意欲を高め、新刊本・既刊本をPRすることにつながる

書店/ECサイト

要約を読んだ読者が書籍を購入することで、売上の拡大につながる

flier(フライヤー)のサービスを通して新たな本との出会いが増え、実際に手に取る本が増える相乗効果が生まれるでしょう。

要約を知ることで本当に興味を持って読める本なのか判断できるので、購入するかどうか迷うことも少なくなります。

僕もflier(フライヤー)を利用してから新しい本との出会いが多く、購入する本が増えました!

音声読み上げ機能の実力は?

flier(フライヤー)は音声でも要約を聴けるの?

僕は普段から、音声再生で要約を聴いているよ!

flier(フライヤー)には、AIによる音声再生機能があります。

音声機能は、高品質音声合成エンジンAITalk®による自動音声です。

もともとは「機械的すぎて聴きにくい」という声もありましたが、2022年のアップデートでより自然な音声に変わりとても聴きやすくなりました。

音声機能をうまく利用すると日常生活でflier(フライヤー)に触れる時間が確保できるので、音声再生は積極的に活用してもらいたいです。

音声機能については、こちらの記事で詳しく解説していますので参考にしてみてください。

詳しく知りたい

体験談:flier(フライヤー)の効果

体験談:flier(フライヤー)の効果

僕は普段からflier(フライヤー)を音声再生で利用しています。

flier(フライヤー)を利用してメリットを感じたことは以下のとおりです。

flier(フライヤー)のメリット
  • 「要約」→「本を読む」ことで理解度が上がる
  • スキマ時間を有効に使える
  • 流行りの本がわかる

それぞれ説明していきます。

「要約」→「本を読む」ことで理解度が上がる

flier(フライヤー)で要約を知り、実際の本を読む。

この流れがflier(フライヤー)の1番効果がある利用法だと感じます。

人は知っていることや興味のあることに自然に反応する習性があります。(カクテルパーティー効果やカラーバス効果というものです。)

要約を先に知ってから本を読むことの効果
  • 「ここは要約にででたところだ」と集中しやすくなる
  • 予習してるので理解度が上がる
  • 記憶の定着しやすくなる

1度要約で予習しているので、自然と集中して本を読めるようになります。

スキマ時間を有効に使える

通勤・通学の移動中や、家事などの作業中にflier(フライヤー)の要約を聴くことで、効果的に学習できます。

あなたはスキマ時間に何をしていますか?

成長を意識していないと、SNS・スマホゲーム・YouTubeで時間を浪費している人がほとんどでしょう。

だからこそスキマ時間をflier(フライヤー)で有効な学びの時間に変えることで、周囲との差がつきやすくなります。

流行りの本がわかる

flier(フライヤー)を利用することで、新刊やトレンド本を知ることができます。

ゴールドプランだと毎日1冊ずつ読める要約が増えていくので、自然と新しい本をチェックすることができます。

表示されるもの
  • 最新の要約
  • 週間ランキング
  • 月間ランキング
  • いま読んでおきたい話題書

などが表示されます。

flier(フライヤー)を日常的に利用することで、自然とトレンドを押さえることを手伝ってくれるでしょう。

flier(フライヤー)を使っても意味がない人

flier(フライヤー)を使っても意味がない人

flier(フライヤー)は魅力的なサービスですが、やはり「向き・不向き」があります。

下記の要素に当てはまる場合は利用しない方がいいでしょう。

  • ビジネス書を読まない人
  • 要約だけで満足してしまう人

ビジネス書を読まない人

flier(フライヤー)が紹介する本は、主にビジネス書のカテゴリーに当てはまるものになります。

  • 仕事で活かせる思考法
  • コミュニケーション
  • 行動術

そのため、普段からビジネス書に関心のない人にはオススメできません。

読むのは小説がメインという人は別のサービスの方が相性がいいでしょう。

本の読み放題サービスのKindle Unlimited(キンドルアンリミテッド)

朗読の聴き放題サービスのAudible(オーディブル)

Amazonのサービスは未体験の人には初回30日間無料で利用できるので、気になったものは体験してみることをオススメします。

また1度利用したことがある人でも定期的にキャンペーンで安く利用できるチャンスがあるので、キャンペーン対象かチェックしてみるのもオススメです。

要約だけで満足してしまう人

flier(フライヤー)の要約サービスは、あくまで新しい本に興味を持つ入り口です。

要約を読んだから満足してしまうのは非常にもったいないことです。

  • 実際に購入する本を選ぶ判断材料にする
  • 普段手にしないジャンルに触れるチャンスにする

flier(フライヤー)をオススメな人

flier(フライヤー)をオススメな人

次の特徴に当てはまる人にはflier(フライヤー)はぜひ利用してもらいたいサービスです。

  • 時間がないビジネスマン
  • 幅広く情報を吸収したい人
  • ハズレ本を買いたくない人

時間がないビジネスマン

毎日時間に追われるビジネスマンには、flier(フライヤー)はぜひ利用してもらいたいサービスです。

読書の効果は理解しているけそ、学びになりそうな本のチェックなんてマメにできないという人こそflier(フライヤー)はピッタリでしょう。

書店に足を運び、平積みされてるコーナーをチェックすると今のトレンドがわかります。

書店になかなか出向く時間がなくてもflier(フライヤー)が話題の本を紹介してくれるので、ランキングを見てるだけでもニーズを掴む手助けになります。

幅広く情報を吸収したい人

 普段から読書の習慣があり、学習意欲のある人はflier(フライヤー)を利用してみてほしいです。

  • 毎日1冊要約が追加される(ゴールドプラン)
  • 少しでも興味があるものをチェックできる

ゴールドプランでは毎日1冊新しい要約が追加されるので、自然と新刊や話題の本をチェックができるようになります。

また、普段手にすることが少ないジャンルの本でも興味が湧いたタイトルを気軽に要約を知れるのが良いところ。

flier(フライヤー)を利用しなければチェックしなかった本とたくさん出会うことになるでしょう。

ハズレ本を買いたくない人

「話題の本だから」「勉強してみたいジャンルの本だから」という理由で買ってみたものの、途中で読むのをやめてしまったという経験がある人は多いでしょう。

せっかく購入したのに読みきれないのはとてももったいないですよね。

flier(フライヤー)で要約をチェックすることで、自分に必要な本・興味を持って読める本かを判断できるようになります。

オススメポイント
  • 予習してから本を読めるので理解力が上がる
  • 興味がある内容か判断できるので、購入する本に迷いがなくなる

本から学びを得ようとするには「その本を読む理由」をハッキリさせることがとても重要です。

なんとなくオススメされたから読むのと、読む目的を明確にしてから読むのでは大きな違いが生まれるのは想像できるでしょう。

flier(フライヤー)を使うならゴールドプランがオススメ

flier(フライヤー)を使うならゴールドプランがオススメ

flier(フライヤー)を利用するには3つのプランから選ぶことになります。

 flier(フライヤー)のプラン
  • フリープラン
  • シルバープラン
  • ゴールドプラン

flier(フライヤー)を利用するなら「ゴールドプラン」にしましょう。

そう言い切れるくらいに、「フリープラン」「シルバープラン」ではflier(フライヤー)の魅力を体験できません。

「フリープラン」はあくまでflier(フライヤー)がどんなサービスかを知るためのもの。

「シルバープラン」は有料にしては利用できる範囲が物足りません。

でも「ゴールドプラン」の値段は高くない?

僕も最初は少し高いかなと迷ったよ。

確かにゴールドプランの値段は少し高く感じるかもしれません。

僕もflier(フライヤー)を利用する前はゴールドプランの加入には迷いました。

ただflier(フライヤー)には7日間の無料体験ができるキャンペーンがあるんですよね。

このキャンペーンは無料でゴールドプランの内容を7日間使い放題できる大変お得なもの。

僕はこのキャンペーンを体験して、ゴールドプランの継続を決めました。

flier(フライヤー)の利用を迷っている方はぜひ一度、無料キャンペーンを利用してみてください。

無料キャンペーンはこちらのボタンリンクから登録できます。

\ 今らな7日間の無料体験ができる /

当サイトからの申し込みで通常2,200円→1,980円

まとめ

本記事では本の要約サービスは意味があるのかについて解説してきました。

結論、要約サービスは利用価値のあるものです。

  • 実際に購入する本を選ぶ判断材料にする
  • 普段手にしないジャンルに触れるチャンスにする
flier(フライヤー)のメリット
  • 「要約」→「本を読む」ことで理解度が上がる
  • スキマ時間を有効に使える
  • 流行りの本がわかる

flier(フライヤー)を利用するようになってからは新しい本との出会いが増え、興味を持って読める本かどうかの判断がしやすく購入する本が増えました。

読書好きの人や効率よく学習したいビジネスマンにはぜひ利用してもたいたいサービスです。

flier(フライヤー)の料金プランについては下記の記事で詳しく解説しているので、参考にしてみてください。

flier(フライヤー)にはゴールドプランの内容を無料で7日間体験できるお得なキャンペーンがあります。

気になった人は一度体験してみることをオススメします。

無料期間内で解約すれば料金は発生しません。

\ 7日間の無料体験を利用してみよう /

当サイトからの申し込みで通常2,200円→1,980円

flier(フライヤー)を活用して、効率よく情報を吸収していきましょう!

(スポンサーリンク)

flier(フライヤー)は意味ない?

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次