難しい?ビジネス書選びに本の要約アプリがオススメな理由

当ページのリンクには広告が含まれています。
ビジネス書選びは難しい?

ビジネス書を読んだ方がいいのは知ってるけど、何を読んだらいいかわからないんだよね。

せっかく買った本も読みきれないことも多いし……

そんな人にぜひオススメしたいサービスがあるよ!
興味を持って読める本か判断できるし、話題の本も気軽にチェックできます。

ビジビス書選びって難しいですよね。

学習のために買ったのに、読みきれなくて本棚で忘れられた存在に……

せっかく買った本なのに、活用できないのは残念ですよね。

そこでオススメしたいのが『本の要約サービス』です。

本記事では本の要約サービスを活用することで、自分に合ったビジネス書選びが効率良くできるメリットを解説していきます。

目次

(スポンサーリンク)

ビジネス書選びが難しい理由

ビジネス書選びが難しい理由

ビジネス書選びが難しいと感じるのは次のようなポイントがあります。

  • 何を読んだらいいかわからない
  • 読んでも理解が難しい
  • 翻訳本は読みにくい

それぞれ解説していきます。

何を読んだらいいかわからない

スキルアップのためにもビジネス書を読んだ方がいいのはわかるんだけど、実際に何を読んだらいいかわかんないんだよね。

  • 本屋さんに出向いてランキングコーナーから良さそうな本を選ぶ
  • 「ビジネス書 オススメ」で検索する
  • レビューの評価が良さそうなものを選ぶ

このように迷いながらビジネス書を購入した経験がありませんか?。

読んでも理解が難しい

ビジネス書を読んでも「しっかり理解できた」と感じる人は少ないのではないでしょうか?

当然ですが、この1冊を読めば完璧に理解できる本など存在しません。

読書は知識の積み重ねです。

同じジャンルの本を読み重ねていくことで知識がつながり、理解が深まるでしょう。

学習やスキルアップのためにビジネス書を読むのであれば、必ず入門編の本から読むことをオススメします。

なぜ入門編からかということ、入門編の本は専門用語などを極力わかりやすい言葉や例えで解説して話を進めてくれるからです。

知らない言葉が出てくるだけで、読みにくさのハードルが急に高くなるからね。

翻訳本は読みにくい

個人的なことですが、外国人著者の翻訳本を読むのが苦手です。

文章の構成というか、言い回しなのか読みにくいんですよね。

理解しにくいのは要点が掴みづらいから。

そこでflier(フライヤー)で先に要約を予習しておくと、翻訳本を読むスピードに変化が出るようになりました。

話の全体像や大事なポイントを先に頭に入れることで、「何が言いたいんだ?」と迷うことが少なくなるでしょう。

ビジネス書選びになぜ本の要約アプリなのか?

ビジネス書選びになぜ本の要約アプリなのか?

flier(フライヤー)を活用して、読むビジネス書を選ぶことにはメリットがあります。

 flier(フライヤー)を使うことで
  • 予習ができる
  • 興味を持って読める本か判断できる
  • 朗読サービスとの違いは?

1つずつ解説していきます。

予習・復習ができる

読む前に要点を知った状態と、何も知識がない状態では本んを読み進めていく上で理解力や吸収力に大きな差が生まれます。

読み終わってから要点を整理することで、自分の知識として定着させる効果も上がります。

ビジネス書を読む1番の理由は、読んだ本の知識を自分のものにすることですよね。

本を「ただ読んで終わり」にさせないために、flier(フライヤー)は予習・復習のツールとして活用するのにピッタリです。

本の知識をうまく自分の中に落とし込んでいきましょう!

興味を持って読める本か判断できる

せっかくビジネス書を購入したのに、最後まで読めずに終わってしまうのはもったいないですよね。

最初は集中して読み始めるが、途中からは流し読みで終わってしまう……

こんな経験がある人は多いでしょう。

ビジネス書を1冊最後まで読み切れるかどうかは、「興味を持って読める本」かどうかが重要なポイントになります。

  • 勉強のためにとりあえず手にした
  • 話題の本だから
  • オススメされたから

このような理由でなんとなく手にした本の場合、その本に熱量を持てないと読み進めていくのが難しくなります。

本を購入する前にflier(フライヤー)を利用して要約を知ることで、実際に興味を持って読める本かどうか判断しやすくなります。

要約でどんな内容か判断できるから、気になった本はまずはflier(フライヤー)でチェックしているよ!

朗読サービスとの違いは?

Amazonの朗読サービスAudible(オーディブル)も人気のあるサービスです。

flier(フライヤー)の要約も高性能AIによる音声で聴けて便利ですが、やはり人が朗読したものは聴きやすいです。

flier(フライヤー)
  • 1冊10分程度
  • 購入の判断材料
  • AIによる音声再生
Audible(オーディブル)
  • 1冊の内容全部
  • 本の代わり
  • プロによる朗読

flier(フライヤー)とAudible(オーディブル)の大きな違いは、本の代わりになるかどうかです。

flier(フライヤー)の要約は、実際に手に取るかの判断としての使い方がオススメ。

気になる本の要約はどんどんチェックしていけます。

逆にAudible(オーディブル)は、本の代わりとして、1冊じっくり聴くことになります。

プロによる朗読が聴けるのが最大のメリットですが、解説図が同時に見れないデメリットや興味の薄いパートは退屈に感じてしまうでしょう。

サービスとしての特徴や使い方が違うから、自分に合うものを選びたいね。

本の要約サービスflier(フライヤー)の特徴

本お要約サービスflier(フライヤー)の特徴

flier(フライヤー)には次の特徴があります。

  • 1冊10分で要約を読める
  • 音声でも要約を聴ける
  • 話題の本がわかる

それぞれ解説していきます。

1冊10分で要約を読める

flier(フライヤー)の要約は、1冊10分程度で読めるように設定されています。

要約はその分野に精通したライターがまとめたものを、出版社・著者がチェックする仕組みです。

出版社・著者がチェックされたものだから、しっかしまとめられた要約が読めるよ。

音声でも要約を聴ける

flier(フライヤー)は高性能AIによる音声再生機能があります。

音声による要約は1冊15分程度です。

スマホの画面で長い文章を読むのはけっこう疲れるので、flier(フライヤー)の要約は音声機能を積極的に使うといいでしょう。

移動中や家事をしながら聴くことで、効率よく学習できるよ!

音声機能の使い方については、下記の記事で詳しく解説しているので参考にしてみてください。

詳しく知りたい

話題の本がわかる

flier(フライヤー)を利用していると、自然に話題の本や新刊がチェックできるようになります。

 flier(フライヤー)のトップ画面
  • 最新の要約
  • 週間ランキング
  • 月間ランキング
  • いま読んでおきたい話最書

flier(フライヤー)のトップ画面を眺めているだけでも、今どんな本が人気なのかわかるようになります。

そしてゴールドプランでは毎日1冊ずつ新しい本の要約が更新されていくので、これからも読める要約は増え続けていきます。

flier(フライヤー)の値段は高い?

flier(フライヤー)の値段は高い?

flier(フライヤー)には3種類の料金プランが設定されています。

flier(フライヤー)を使うならゴールドプラン!

flier(フライヤー)を利用するなら、サービスが使い放題のゴールドプランをオススメします。

無料で使えるフリープランはあくまでどんなサービスかをチェックするためのもの。

シルバープランは課金サービスの内容としては物足りません。

flier(フライヤー)を活用するなら、迷わずゴールドプランを選択しましょう。

料金プランについては下記の記事で詳しく解説しているので、参考にしてみてください。

詳しく知りたい

ゴールドプランの値段は高いのか?

flier(フライヤー)のゴールドプランは月2,200円(税込)と設定されています。

2,000円という値段は、サブスクサービスの中では高いと感じる人も多いでしょう。

しかしうまく活用すれば、本1冊分の値段で3000冊以上の要約がいつでも気軽にチェックできるのはコスパを考えても満足できるはずです。

  • 購入する本の判断がスムーズになる
  • 本の予習・復習が気軽にできる
  • スキマ時間に有効に学習できる

①新たな本との出会い ②学習効率の大幅アップ ③購入判断の時短

本1冊の値段でこれだけの効果が得られるのは良いパフォーマンスだと思いますよ!

flier(フライヤー)は大手企業も認める実力

flier(フライヤー)を普段から活用することで、ビジネスマンとしての成長の手助けになるでしょう。

実際に、多くの企業がflier(フライヤー)を社員教育に導入しています。

累計導入企業350社以上!大手企業、地方銀行、IT企業などで続々導入されています。

flier(フライヤー)公式サイトより

大手企業からも効果の実力が認められているんだね!

 flier(フライヤー)の使い方
  • 移動のスキマ時間に学習できる
  • 気軽に要点がチェックできる
  • 話題の本やアイデアの収集に使える

flier(フライヤー)は使い放題のゴールドプランが7日間の無料キャンペーンもあるので、効率良く学習してレベルアップしたいなら、ぜひ1度体験してみてください。

\ 今なら7日間の無料体験ができる /

まとめ:flier(フライヤー)はビジネス書の選び方の助けになる

本記事では本の要約サービスflier(フライヤー)を活用することで、ビジネス書選びがスムーズになる効果を解説してきました。

読書に慣れないうちは、どんなビジネス書を読めばいいのか難しく感じてしまいますよね。

  • 何を読んだらいいかわからない
  • 読んでも理解が難しい
  • 翻訳本は読みにくい

そこでflier(フライヤー)を利用することで、ビジネス書選びがスムーズになります。

  • 1冊10分で要約を読める
  • 音声でも要約を聴ける
  • 話題の本がわかる
  • 購入する本の判断がスムーズになる
  • 本の予習・復習が気軽にできる
  • スキマ時間に有効に学習できる

flier(フライヤー)は本を読む代わりに利用するのではなく、読書のサポートとして活用するとかなり魅力的なサービスです。

僕もflier(フライヤー)を利用するまでは、「本の要約って意味あるのかな?」と疑問を持っていました。

しかし実際に利用するようになってからは気軽に要約をチェックできるので、今では日常生活に欠かせない存在です。

今ならflier(フライヤー)は7日間の無料体験ができます。

これはゴールドプラン(制限なしの使い放題)の内容で無料体験できるので、大変お得なキャンペーンですよ。

無料期間内に解約すれば、費用は発生しません。

flier(フライヤー)を使ったことがない人は、このチャンスに無料体験を利用してみてください。

効率よく学習して、周りと差をつけていきましょう!

\ 今なら7日間の無料体験ができる/

(スポンサーリンク)

ビジネス書選びは難しい?

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメント一覧 (1件)

目次